FXで投資法を失敗したことによる失敗事例を紹介します。

FXで一番重要なのがこの投資法ですよね。

トレーダーなら1つや2つは投資法を持っていると思いますが
誤った投資法だと当然損失が出ちゃいます。
私も投資法は何十と持っていますし、勉強しましたが、
その中でも使えるのは10個に1個という感じですね。

スポンサードリンク

FXで失敗する理由はビギナーズラックから

私がFXで失敗したのは2つの理由からです。

  • 最初のトレードがビギナーズラックに乗ってしまって成功して調子に乗ってしまったこと
  • 投資法をよく理解せずに実践したこと

です。

FXで勝つための方法の一つに「トレンドに乗る」というのがあります。
儲かりやすい時期にたまたま成功してしまい、その後、調子に乗って
トレンドが過ぎているのに強気に出たり、レバレッジを高めにしてトレードしたりして失敗って感じです。
私は損切りができなかったのが敗因ですね。

FXで失敗する投資法をご紹介します。


私はちょうどアベノミクスという言葉が出始めた頃にトレードを始めました。

その頃の状況は、円高から一気に円安に進んでいる状態で、
周囲でもFXトレーダーが一気に増えた時期でした。
あの時は、どんどん円安に進んでいたこともあり、ドル円を買っておけば簡単に勝てる状態でした。

スポンサードリンク

実際に、当時ビギナーだった私も1ヶ月で5万円稼ぐことができました。
単に稼げる状況が長続きしていたため、調子に乗って

「FXでも生活できるかも?」

なんて考えてレバレッジを上げていきました。

今思えば、ある程度稼いだらそこで手を引くのが良かったのだと思います。

そしてプロトレーダーの気分になった私は、経済指標や様々なチャートを駆使した複雑な方法で
トレードしたらもっと稼げるかも?と思ってしまったのです。
素人が知識も無しにそのようなことをすれば、失敗する可能性が高いですよね。

FXで失敗するのは逆張りが多い?

私は「逆張り」手法の教材を買って、その通りに実践していきました。
その結果、損失が拡大しました。

逆張りとは、トレンドとは逆の売買をする投資法です。

具体的には、円を売るのがトレンドの時期に円を買う、
円を買うべき時期に円を売る投資法です。

私が逆張りをした時は3月でした。
3月は決算などがあるため、円を買い戻す企業が多いという噂を聞き、
私は円を買いにいきました。

ですが、その当時のトレンドは「売り」

チャートなども参考にしていたので大丈夫だろうと思ったのですが失敗でした。
やはりトレンドに乗った売買をした方が安全なのかもしれません。

まとめ

投資法を勉強して実践するまでは良かったのですが、
1つの投資法しか知らないかったために、
それが駄目だとすべてダメという状態だったようです。
FXで勝つためにはいくつかの投資法は必ず知っておくべきだと私は思います。


こちらの私の記事も参考にしてください。

FX口座開設のオススメはスマホアプリでラインが引けるとこ
http://a4k3.com/z/kouza.html

FX必勝法のオススメはライントレードが一番
http://a4k3.com/z/line.html

スポンサードリンク