次の失敗談はデイトレの場合です。
よくありがちなデイトレの失敗談なので参考にしてください。
やはり自分なりのルールというもの(5%上昇したら利益確定)
などがないと難しいと思います。

スポンサードリンク

FXで失敗しやすいのはブレイクアウトしてからのトレード

40歳女性です。私は基本ブレイクアウトしたらトレードする形で実践しています。

移動平均線などを見て、ブレイクした方にポジションを持つ手法ですが、
勝率は60%くらいです。

特に失敗するパターンは日足や4時間足の25日移動平均線やボリンジャーバンドのミドルバンドが平行の時です。
長い時間足にトレンドが出ていない時はよく失敗しています。
これはギャンブルに近いかな~と思っています。

このような失敗を何回も繰り返していて、
1時間足や30分足のブレイクの勢いが強い時は日足や4時間足にトレンドが出ていなくても
このままブレイクするんじゃないかと勝手に解釈して失敗します。

トレーダーは自分を正当化してしまうという癖がつきますが、
理由をつけて損切りをしなかったり思い込みで失敗しています。

スポンサードリンク

私はわりとFX歴は長いのですが、まだこの癖は克服できていません。

FXで失敗するのは利益幅よりも損切り幅が大きい場合

よく失敗する例は利益幅よりも損切り幅の方が大きくて強制ロスカットはないものの
資金が徐々に目減りして退場というのが多いです。

デイトレをやっていると利益幅は小さい(10pips)で損切り幅(20pips)というように
これを続けていると資金を増やすことは難しいですよね。

利益幅と損切り幅が同じだと1回のイベントでどーんと損切りして利益は飛んでしまうし、
2~3回損切りが続くともう駄目だ~と思い、このまま続けていても・・・と思い、
口座からいったん資金を引き出して一時撤退・一時復活などを繰り返していました。

FXで失敗しないためにはマインドを鍛えることも重要

やっぱりいくら手法がよくてもマインドが駄目だと勝てないと思いました。

損切りをコントロールできなければいずれ失敗に終わってしまうと思います。
利益が出ているとすぐに確定したいという気持ちになってチョコチョコ利確してましたし、
もし粘って利益が減ってしまったら、またマイナスになったら。。
というマインドで失敗していたともいえます。

また、根拠がないのにエントリーした時はほぼ失敗しています。
利食いや損切りも同じようなことが言え、何となくで決済した時は
結局、失敗トレードになっています。

まとめ

投資法も重要ですが、マインドも鍛えないと投資には勝てません。
マインドを鍛えるためには経験が必要なのですが、
プロトレーダーの損切り方法も学んだ方がいいのかもしれませんね。

こちらの私の記事も参考にしてください。

FX 口座開設 オススメ
http://a4k3.com/z/kouza.html

FX 必勝法 オススメ
http://a4k3.com/z/line.html

スポンサードリンク