FXで破産したという人の話をよく聞きます。
その人たちの話を聞くと資金は100万円だったとか
1万通貨だけだったとか言いますが、けっこうな額です。
追証通知には過敏になって資金を投入し続けると破産も待っています。

スポンサードリンク

FXで破産するのは100万円でもありうる


28歳女性です。

失敗の体験談ですが、

ビギナーズラックだと思いますが、
FXを初めた頃はすごく上手く行っていて、
含み損を出しても10日くらい経てば、すべて回復していました。
それに損失を出す前は、1ヶ月で30万円の利益を出したこともあります。

でも、
恥ずかしい話ですが、100万円を1日で一瞬で無くしたことが2度もあります。
合計で200万円の大損です。

1ヶ月や1年と言った限られた期間で利益を出していても、
含み損があれば、それらの利益を全部食いつぶしてしまうんですよね。

結局、含み損が膨らんで、追証が全財産を上回るほどに大きくなってしまって
全て損切りをせざるを得なくなりました。

失敗を経験して学んだことは、

「口座にお金を入れすぎるな」

ということです。

FXで破産するのは1万通貨でも余裕でありえます

スポンサードリンク

私は1万単位を上限にして取引をしています。
昔は2~3万単位で取引をしていて、
持っているお金を現金として保有しておくのが勿体無いとさえ思っていました。

だけどFXは証券会社からお金を借りて取引をしている
「信用取引」だということを忘れてはいけませんね。

先ほど1万通貨単位で取引をしていると言いましたが、
証券会社には200万円ほどを入金していて、
利益が出ても出金せずにそののまま証券会社に入金しています。

円ドルの通貨であれば1万通貨単位の取引は100万円ほどの入金額ですみますけど。
(レバレッジ1倍の場合)

これくらいの余裕がないと資金面でも精神的でも長期的な取引ができません。

FXで破産するのは追証通知に反応すること

失敗を機に心がけていることですが、
余裕資金でトレードするということです。

FXに使わない資金で、1年くらいの収入がゼロでも生活できるくらいのお金を
現金として銀行に預けています。

追証通知がきても使いません。

追証が来るとそれだけで精神がやられます。

なのでそもそも追証通知がこないようにしています。
これが一番大事ですよね。

含み損が出ても「まぁいっか」と思えるくらいの余裕を
長期的に持ちつづけることを心がけています。

現在は1日の利益は1000円と少額で取引をしています。

まとめ

FXになれている人であればリスクをコントロールできるのかもしれないですが、
初心者の場合はまずはデモトレードや書籍をたくさん読んで
理解してから実践しましょう。


こちらの私の記事も参考にしてください。

FX 口座開設 オススメ
http://a4k3.com/z/kouza.html

FX 必勝法 オススメ
http://a4k3.com/z/line.html

スポンサードリンク