FXで失敗する大きなパターンはレバレッジを上げすぎることです。
自分のキャパシティーを超えてしまうことにより正常な判断ができなくなり、負けてしまいます。
そんな失敗談をご紹介します。

スポンサードリンク

FXで大損するきっかけは将来への不安からが多いですね。

私がFXを始めようと思ったのは、

「将来への不安から資産運用をしよう」

と思ったことです。

でもお金がなかったので、少額の資金から始められて、
レバレッジをかけて大きく稼ぐことができるFXを始めてみることにしたのです。

始める前に、FXの本を読んだり、
デモトレードしたり、インターネットで調べたりで色々と勉強しました。

そして、ある程度知識がついたなと思ったので、
DMMFXで口座を開いて、FXを始めました。

取引を始めた時、資金もなく、経験もなかったので、
レバレッジを1倍にして、少額で取引をしました。

でも初めての取引の結果はマイナスでした。

FXの本に、

「FXでは生き残ることが大事」
「損切が大事」

と書いてあったので、ストップロスを設定して、取引をしたのですが、
ストップロスの水準が高くてストップロスのポイントまで行って、
自動で取引が終了しました。

ただ、本に書いてあったように、損を少なくして、
とにかく生き残って、取引の回数を増やして経験を積むことを考えていたので、
引き続き新しい取引を始めました。

スポンサードリンク

FXで大損しないためにもストップロスはきちんとしようね。

今度は、ストップロスの幅を少し広げてみました。

その後、勝ったり負けたりを繰り返しながら、
取引回数を増やして、FXに慣れてきました。

そして、今度はレバレッジを増やしてみました。

まずは2倍でやってみました。
レバレッジを増やした初めての取引は、とても緊張しました。

レバレッジ2倍の取引は、プラスです。

レバレッジ2倍の取引を勝ったり負けたりを繰り返しながら続けて、
資金が増えてきたので、レバレッジを3倍にしました。

このようにレバレッジを少しずつ増やしながら、
取引を続けていきました。

FXで大損するパターンはレバレッジ10倍から?

レバレッジを10倍で大きく負けてしまいました。

悪夢が始まりました。

ストップロスを設定していたのですが、
レバレッジ10倍の損は予想以上の損で、かなりの損失額です。

今まで稼いだほぼ全利益を失ったショックで、
損を巻き返そうと必死でした。

資金が大きく減ってしまったので、レバレッジ10倍はできなかったので、
レバレッジを下げて取引をしました。

ここで、また負けてしまい、全滅です。

全資産を失い、とりあえずいまはFXから離れています。

まとめ

初心者のうちからレバレッジを上げていくのは厳しいです。

余裕資金があればレバレッジをかけなくてもいいはずです。
FXはギャンブルもできますが、じっくりも稼げますので、
そちらの手法も目指してみるといいと思います。


こちらの私の記事も参考にしてください。

FX口座開設のオススメはスマホアプリでラインが引けるとこ

FX必勝法のオススメはライントレードが一番

スポンサードリンク