FXで退場したサラリーマンの方の体験談をシェアします。
勝てるようになるとレバレッジやロット数を上げてしまうのが問題
だと言っていますが、果たして・・・?

スポンサードリンク

FXを副業で始めた人がいきなり退場した理由

私はFXを始めて3年になる30代のサラリーマンです。

過去にFXで2回、市場から退場しました。
今は退場が続いてFXを休んでいます。

あなたがこの記事を読んでいるということは
FXをしているかFXに興味がある方だと思います。

あなたが私と同じ失敗を繰り返してFXから退場しないように、
私がFXから退場することになった体験をシェアしようと思います。

FXを副業で始めるならロットは1から始めよう。

私は貯金もあなまりなかったので、
できる投資といったらFXを選択するしかありませんでした。

私がFXを始めた理由は下記の理由からです。

・一獲千金を狙える
・FXならサラリーマンでも空いた時間にできる
・少額の資金で始められる

実際に、私は平社員で昇格もあり得ませんでしたし、
このまま会社にいても給料が上がることはなかったです。

そこで一念発起してFXの書籍を読んで何日も勉強し、
口座を開いてFXを始めました。

最初の取引はドル円で、
レバレッジ1倍の1lotで取引を開始しました。

お金が無い私は損をしたくなかったので、
損切りポイントをかなり狭く設定しました。

スポンサードリンク

そうしたら、すぐに損切りポイントに達して
すぐに取引終了となってしまうのです。。

いくら損失が限定されるといっても、
負けてばかりでは意味がありません。。

そこで、私は思いきって損切りポイントを広くするようにしました。

結果、勝てるようになりました。

こうして、少しずつ取引に慣れていき、
レバレッジを2倍、3倍、lotも1、2と増やしていきました。

FXを副業で始めるならレバレッジは上げすぎないように

その後、私は市場から退場しました。

自分の考えるトレンドとは逆に相場が動いて
損切りポイントに達したのですが、
損切ポイントが甘すぎたためにかなりの含み損を出しました。

数ヶ月して、貯金も貯まり損をした時のショックも癒えたので、
再びFXに挑戦することにしました。

今度は前回の失敗を教訓に損切りポイントを狭くしました。

しばらくは稼げたのですが、
勝って資金が多くなると、人間、油断が出てしまうようです。

今回は損切りはうまくやれていたのですが、
レバレッジとロット数を多くし過ぎてしまいました。

勝っていたことで気が大きくなり、ロットやレバレッジを
どんどん大きくしていきそれで取引することに慣れてしまったのです。

ここでまた、トレンドが大きく真逆の方向へ行きました。

損切を設定していると安心していたのですが、
レバレッジを高くし過ぎていたため、損切りポイントになる前に、
追証が出てしまい、市場から退場することになりました。

損切とレバレッジ、ロット数には常に気を配って、
負けても退場しないようにすべきです。

まとめ

トレードで損切りポイントを狭く取るのは間違っていません。
この方はトレンドの読み違えで真逆にいくことが多いのが問題だと感じました。

なのでしっかりとトレンドを把握できるような手法に切り替えれば勝てると思います。


こちらの私の記事も参考にしてください。

FX口座開設のオススメはスマホアプリでラインが引けるとこ

FX必勝法のオススメはライントレードが一番

スポンサードリンク