サラリーマンの方がスワップポイントを始めた例です。

資産運用で

「貯金を銀行に眠らせておくのがもったいない」

と思う人は多いはず。

そこでFXを始めるとどうなるか見てみましょう。

スポンサードリンク

FXを副業で始めるならスワップポイントはあり?

サラリーマンがFXでお手軽に稼ぐ手法として
スワップポイントがあります。

自分がFXを始めた当初はまだテクニカル分析もできなかったので、
まず最初にこの手法でシステムで稼ごうと考えました。

高金利通貨を保有しているだけで、金利がもらえるシステムで、
銀行の利子などとは比べものにならないほどもらうことができ、
オーストラリアドルなどが人気ですね。

為替差損益に比べれば金額は少ないですが、
ただ保有していればいいだけなので、手間もかかりません。

時間経過とともに稼ぎが大きくなる手法ですので、
とりあえず最初に買っておこうと思ってました。

FXを副業で始める人がニュージーランドドルからってどう?

自分が選んだのはニュージーランドドルでした。

選んだ理由は単純でスワップポイントが高かったので、
儲けが大きかったからです。

この安易な考えにより、後々、大きな後悔をすることになります。

自分はスワップポイントについて、
割の良い銀行預金ぐらいに考えていました。

FXの書籍こう書いてあったのです。

「通貨は株式と違って価値がゼロになることはありません」

この言葉を信じて、どれだけ価値が下がったとしても、
いつかは戻すのでスワップで稼げるはずだと思っていました。

当時のニュージーランドドルは長期のチャートをみればわかったことなのですが、
かなり価値が高くなっており、トレンドの頂点にいる状態でした。

当然、待っていたのは価格の下落でした。

ろくに考えもせずに買った次の日、
2年分のスワップポイントを吹き飛ばすほどの大きな損失が発生しました。

100pips以上の損失です。

でも、

「たまたま悪いタイミングで買ってしまったな~」

ぐらいにしか考えませんでした。

スポンサードリンク

「スワップ運用をしていればこんな時もあるだろう」

と。

しかし日に日に損失は膨らみ、
10万円に達するのもすぐでした。

スワップ目当てなので、当然損切りなど入れていません。

そもそも当時は安易な相場観からもわかるように未熟で、
きちんとした損切りもできませんでした。

そんな中、ニュージーランドの政策金利の利下げが発表されました。

相場は大きく動き、自分のマイナスは10万円を超えました。

もちろん豊富な資金力があれば証拠金を入れて耐えることもできたのでしょうが、
平凡な一サラリーマンの自分には到底無理です。

損失を見た当時、思考が停止してしまったのを覚えています。

結果として、2万円のスワップポイントと、
その代償として40万円の損失になりました。

FXを副業で開始する際は高金利通貨から?

現在のFXでは、高金利通貨の国が利下げムードにあり、
世界経済的にも円売りのキャリートレードが難しい状況で、
スワップで稼ぐのは難しくなっています。

もし自分のように、

「貯金を銀行に眠らせておくぐらいならFXのスワップ金利で稼ごう」

と考えている方がいるのでしたら、
少なくとも今はその時期ではないと断言したいです。

まとめ

実際にスワップポイントで稼いでいる人は多くいます。

その人たちは損切りもちゃんと設定していて、
金利でもうける部分と損失のリスク管理を徹底しています。

それを怠るとやはり損失が拡大してしまいますので、
スワップポイント自体は間違った手法ではないです。


こちらの私の記事も参考にしてください。

FX口座開設のオススメはスマホアプリでラインが引けるとこ

FX必勝法のオススメはライントレードが一番

スポンサードリンク