大損

FXで大損するのはレバレッジのせい?主婦で離婚までした人とは?

投稿日:2017年3月18日 更新日:

FXで大損してしまった人のエピソードをよく耳にします。

なぜ大損してしまうのかを分析してみます。
これを読んで自分は大損しないようにしてください。

スポンサードリンク

FXで大損するのはなんでなの?

FXで大損する人が多かったのは昔のことだと思います。
昔は規制が緩かったので、200倍とかのレバレッジでやってた人がいました。
あとは今なら海外口座とかですね。

1200万くらいある人がユーロドルを10億円分くらい建てて
結果大損してほぼすっ飛ばす動画みたことあります。

10億円の1%は1000万です。

通常為替はせいぜい0.7-8%くらいしか動かないと思いますが、
1%くらい動く時もあります。

なので、1000万円の100倍レバレッジで1%の値動きで真逆に行った場合、
飛ぶわけです。

FXで大損する理由の多くがレバレッジのミス

いまの日本の口座ではレバレッジは最大25倍なので、
上記のような損失はありません。

証拠金維持率40%を下回ったら成行注文がされて
強制ロスカットされます。

FX大損すると主婦の場合、離婚にまで発展してしまう

現在でも多くの主婦の方がFXで損を出しているようです。

検索すればいくらでも出てきます。

なぜ損をしてしまうのか?

それは主婦の多くが自宅で暇を持て余しているのだそうです。

料理/掃除/洗濯などを一通り終わるとやることがなくなるので、
なにか自分でも家計に役立てることはないか?と考える。

そんな時に、
何気なく見ていたテレビのワイドショーで

「FXが簡単で人気!」と煽ったニュースが出れば、

「自分でもできるかも?」

と思い、多くの主婦がFX口座の開設を始めるようですね。

そして、
最初は小額で取引を始めるも
ビギナーズでたまたま儲けが出始めると快感になって、
額を引き上げる。

スポンサードリンク

FXでは1日で10万円稼ぐなんてのもザラにできますので。

逆に損を被るようになると
なんとか損を取り戻そうと損失以上のお金を投資し
それも帰って来ないような状況を作りだしてしまう。

損切の方法がわかっていない典型的な例です。

それで旦那さんが一生懸命働いてきた貯金300万円をわずか2週間で飛ばし、
お金が原因で離婚することになるのだそうです。

下記Youtubeの動画も見てみてください。

まとめ

いまはFXでもレバレッジが規制されているので
大損することはないにしても、きちんとFXを理解していないと
成功することはできないです。

地道に勉強していきましょう。

また、FXは信用取引です。
マイナスになれば、追証で元本割れどころか借金しても返済できないほどになります。

それが怖いけど、でも投資はやってみたい、稼ぎたいというのであれば
私は仮想通貨の方がよっぽど健全だと思います。

仮想通貨は100万円投資しても最悪100万円がなくなるだけです。
それ以上は返済義務はありません。

さらに今後10倍20倍と可能性がある分、投資対象としてFXより魅力的だと思います。

ここからメールアドレスを登録するだけで仮想通貨リップル1万円分もらえます。

無料で仮想通貨を学べる動画学習サイトなので、
まずは勉強してみてから取引してみることをおすすめします。

スポンサードリンク

-大損
-

Copyright© FX女子の投資失敗ブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.