ジュニアNISAも始まり今話題のNISAですが、NISAの口座開設する際に注意点が2つあります。

注意
銀行で口座を開設しない
証券会社で口座を開設した方がいい


FX女子
その理由を3つご紹介します。


NISA口座を銀行で開設すると株取引ができないデメリットがある

住宅ローンや資金調達で銀行とやり取りをする場面もあるかと思いますが、
その際に、必ず



NISAの口座もついでに開設しておきませんか?


と言われます。
その際に当時の私はNISA口座に関して銀行口座と同じようなものと言う認識があったtので、

NISAはたぶんこんなもの・・・
1.いつでも解約できる
2.嫌なら使わなければいいだけ
3.他の銀行や証券会社でも複数NISA口座は持てる

と勘違いしていました。

なので、

FX女子
これからNISAで株をやろう!


と思ったときに、
証券会社でNISA口座を開設できなくて株取引ができない羽目に陥りました。

そうです。私は銀行でNISA口座を開設済みだったからです。

つまり、NISA口座と言うのは個人で1口座のみと言うことで、
銀行でもNISA口座、証券会社でもNISA口座を個人で別々に持つという事は法律でできないということでした。

NISA解約と口座変更は必要書類が多くてデメリットばかり



NISA口座の解約には銀行の窓口にいかなければならないの?


FX女子
ネットでもできるし電話でもできるよ


NISA口座の解約には銀行の窓口にいかなければならないというネットの情報もありますが、
電話やネットからでも解約はできました。

私は不明点が多かったので銀行のサポートデスクに電話をし、解約申請書を家に送付してもらいました。その解約申請書に銀行の実印を押下してまた銀行に郵送する流れです。

またその際に、NISA口座だけでなく投資信託なんかやっていないのに「投資信託決済口座」も開設済みだったようで、



こちらの解約もしますか?


といわれたので解約しました。

ネットだけで解約手続きしていたらこちらの解約を忘れていたかもしれないので、NISA口座の解約は電話がおすすめです。

電話ではいろいろ部署が違うなどでたらいまわしにされることも多いですが、
銀行の窓口で待たされるよりかはましです。

結果、銀行にNISA口座の解約をして「非課税講座廃止通知書」という書類を発行してもらって、
その書類を証券会社に送って新規のNISA口座開設をしなければならず、その期間に2週間以上かかりました。



2週間って長いね


FX女子
なんでもNISA口座廃止の手続きが銀行から税務署に申請するみたいで税務署で待たされることが多いみたいだよ


銀行のサポートデスクとの電話でのやり取りでは
窓口で解約手続きしても証券会社に提出しなければならない「非課税講座廃止通知書」は当日発行はできないようでいったん税務署に書類が行くようです。

そのため、銀行窓口で解約手続きをするのも、郵送で解約手続きをするのも
期間的には1、2日しか変わらないですよ、とのことで私は窓口にはいかずに郵送をお願いしました。

NISAの積立型投資信託は証券会社でもできるメリットがある

デメリット
そもそも銀行でのNISA口座は投資信託などでしか使えません

個人でNISAを使う人の多くは株取引だと思います。
ですので、NISA口座は銀行ではなく、証券会社で開設したほうがいいです。

それにもし投資信託をするにしても証券会社でも投資信託はできます。
別に銀行でなければできないこともないので、


FX女子
銀行で「NISA口座もついでにどうですか?」
という勧誘に対しては良い事はないので断っておきましょう


もし銀行でNISA口座を開いておけばよかったと思ったとしても
いまはネットから申し込みできます。なので後からでもいくらでも開設はできますが、
一度開設してしまうと解約が面倒ですので、とりあえずはお断りが良いのではないかと思います。

まとめ

NISA口座で株取引を考えている人は銀行ではなく証券会社でNISA口座を開設しなければなりません。



どうやって証券会社でNISA口座を開設すればいいの?


FX女子
まずは普通に証券会社の口座を開設して、そのあとに証券会社のHPからNISA口座の開設を申し込む手順だよ


NIASでの株取引は120万円分の投資額に対する利益が非課税になって税金が0円になりますので、普通に株取引をすることを考えている人は、NISAの方が絶対にお得です。

おすすめの株式証券会社はGMOクリック証券です。
株式の売買手数料がゼロ円なので私も使っています。

NISAはぜひやったほうがいいと思います。

GMOクリック証券